時給の高さが魅力

医者と看護師

介護施設で働いている人は正社員やパート、アルバイトで働いている人いますが、中には派遣で働いている人もいます。介護福祉士も派遣で働く事ができ、時給は1400円以上と時給の高さが人気の理由になっています。また時給は派遣会社によって異なりますが、経験者なら1500から2000円と高時給が期待でき、正社員のように残業もほとんどありません。また勤務日数や期間も自由に決める事ができるため、仕事と家庭を両立したい主婦の働き方としても人気があります。勤務時間も選ぶ事ができるため、稼ぎたい人なら夜勤専従の派遣もあり、1回の夜勤で2万円以上も稼げる仕事もあります。職場の人間関係が悪かったり、職場の雰囲気が合わない場合には、契約期間中であっても違う派遣先に変更も可能です。

時給1800円は珍しくない

介護士

介護の仕事というとお給料が安いイメージがありますが、介護福祉士の資格があれば時給1800という求人もあり、稼ぎたい人はパートで働くよりも派遣の方が稼ぐ事ができます。ただ派遣先によっては時給は高くても一日に働く件数が限られている場合では、月収が安くなってしまいます。特に訪問介護の場合には一日平均4時間程度で、利用者都合によって急に仕事が無くなることもあります。時給が高く月収も稼ぎたいなら介護施設がおすすめで、介護福祉士の資格があれば1800から2000円は珍しくありません。平成29年から介護士を対象に介護職員処遇改善加算という手当がつくことになりましたが、派遣スタッフもこの手当をもらう事もでき、50から100円程度の時給アップが期待できます。しかし時給の高さだけで派遣を選ぶのは危険で、職場の雰囲気が悪かったり、人間関係が悪いところを紹介される場合もあります。だから派遣会社は慎重に選ぶ必要かあり、できれば介護職に特化した会社を利用するといいでしょう。

稼ぎたい・現場以外の仕事はしたくないなら

手

働き方は人それぞれなので、正社員として働きたい人がいれば派遣で働きたい人もいます。介護福祉士として派遣で働いた方がいい人の特長は、とにかく稼ぎたい、施設の行事など現場以外の仕事をしたく無い人になります。また多くの施設で経験を積みたいなら派遣はおすすめで、特別養護老人ホーム、ショートステイ、有料老人ホーム、老人保健施設などの施設を短期間で働く事ができます。決まった時間しか働けない、不規則なシフトに対応できない、別の仕事をしている場合は派遣の方が向いており、希望のシフトを受け入れてくれる施設を探してくれます。反対に派遣が向かない場合もあり、正社員へのこだわりがある、ボーナスが欲しい、住宅手当や出産関係などの福利厚生が欲しい人は正社員で働いた方がいいでしょう。

広告募集中